Top / テラヘルツ波

テラヘルツ人工鉱石やテラヘルツ波とは?

テラヘルツ人工鉱石

現代は、健康や美容に関する事が注目を集める時代です。

これまで、病気を発症してから治療したり対処をしたりするのではなく、元気で健康な時から予防するという考え方が浸透してきたのではないでしょうか?

そして、健康や美容に効果があると言われるものが、実に多く存在します。
食べ物や水の成分を利用した、健康や美容に関する製品・グッズなど、インターネットにもあふれています。そんな健康や美容に効果があると世界が注目し研究されているのがテラヘルツ波です。

テラヘルツ波とは電磁波の一種です。

テラヘルツ波は、動物や植物、鉱物など、自然界のあらゆる物質や生命体が放射し、同時に吸収している電磁波です。

自然界のテラヘルツ波

人間では、一番テラヘルツ波の量が多いのが、生まれたばかりの赤ちゃんです。また、病気の人よりも健康な人の方が多いとも言われます。

このテラヘルツ波を照射すると、細胞や酵素、DNAなどの振動が活性化され、人が本来持っている自然治癒力や、免疫力がアップし、健康に良い影響をもたらす事が出来ると言われています。

健康に繋がる可能性が次々に検証され人気急上昇中!

今、このテラヘルツ波を使った健康法が、話題になっています。
目に見えないものだけに、効果が本当にあるの?と半信半疑な人も、手軽に生活に取り入れる事が出来るので、試して見てはいかがでしょうか?

もともと自分の体にもあるものですし、薬の様に力ずくで病気を治そうというものではなく、自分に備わっている力のパワーアップが目的なので、無理なく自然な効果が期待出来るのではないでしょうか。

ちなみに、このテラヘルツ波は、健康や美容の分野だけでなく、医療や空港の荷物検査などでの応用も期待されているものです。

今後ますます生活の中で盛んに取り入れられ、目にすることが多くなるでしょう。

テラヘルツ波

テラヘルツ波帯図

1秒間に1兆回(=テラ)の分子振動をし、吸収は腸である遠赤外線に対し、『透過波長』であるテラヘルツ波は、様々な物質の通過が可能で、人体に安全でありながら、細胞を傷つけることなく活性化・水に敏感に反応(人体は60%~70%が水分)吸収する働きがあります。

その特徴として、動植物の生命エネルギーを高めたり、物質そのものの質を向上させたり、潜在能力が引き出されるなど、あらゆるプラスの変化が期待されているようです。

自然界で最もテラヘルツ波の放射が多いのは赤ちゃんです!

赤ちゃんとテラヘルツ波

赤ちゃんは放射量が多く平均放射率も高いといわれています。しかし、年齢を経て生命力が衰えてくると、放射量と平均放射率は低下します。また、内臓の調子が良くない時も、放射量・放射率は共に低下します。

植物や動物も人体と同様で健康なものはテラヘルツ波の放射量・平均放射率は共に高く、不健康であれば低くなります。

また鮮度の高い食品なども放射量・放射率は共に高いことが判っています。

テラヘルツ波は、世界中の様々な分野で活用され始めました。

テラヘルツ波望遠鏡

宇宙観測では、宇宙から届くテラヘルツ波を観測する巨大望遠鏡に利用されています。医療分野でテラヘルツ波を全身に透過させることでガン細胞の位置を特定する実験に成功。

#bs_box(alert,info){{
近年の医学界でもテラヘルツ波の難病への奇跡的な治癒効果が注目されており、ガン、糖尿病、アルツハイマー、パーキンソン病、膠原病、腎臓炎、進行性筋萎縮症、高血圧、心臓病等の治癒に効果があることが確認されています。

テラヘルツ波を多量に放射する衣服やマットレスを着用すると、

皮膚の傷や筋肉の損傷が著しく改善されるだけでなく、人体内部の臓器の損傷が短時間に治癒され、身体の機能が短期間に回復することが近代量子物理学の理論で解ってきました。

パッシブテラヘルツ全身検査システム

羽田空港では、パッシブテラヘルツ全身検査システムの画像化に、人体に無害なテラヘルツ波が導入されています。

細胞レベルに働きかけて癒し・活性・浄化に効果を発揮

この波長のエネルギーが発見されたきっかけは、1950〜70年代にNASA(アメリカ航空宇宙局)が行った調査でした。アポロ計画が進められる中、「真空で無重力・極低温」という過酷な環境条件で生命体が生存するために必要な要素が調べられたのです。

NASAの研究では、

遠赤外線領域の4~14ミクロンの波長は人体の分子との共振作用により、細胞の新陳代謝の促進効果があると報告され「育成光線」とも呼ばれ、遠赤外線以上に波長が長いので、細胞や体内酵素、DNA、その他の有機高分子の振動が活性化されるため、血行の促進、冷え・こりの軽減、健康維持、老化予防などに効果があるといわれています。

この研究で明らかになったのが、「太陽光のうち、波長8〜15μm(マイクロメートル)の領域にある赤外線は、生存にとって重要である」ということでした。これを機に、赤外線の周波数帯域が、細分化されました。同時に、NASAが「生命の代謝、成長、育成に不可欠」と結論づけた周波数帯領域に、テラヘルツ波が含まれていたのです。

その特性のひとつとして、テラヘルツ波は心身にとても穏やかに作用します。

遠赤外線よりも透過性に優れているため、体が温かくなり、自然治癒力に働きかけます。

細胞の遺伝子(DNA)レベルに働きかけて、強力に癒すため、体のどこかが不調な状態があれば、速やかに調整されるでしょう。

また、テラヘルツ波は、照射した植物や野菜の生長を促したり、場や空間のエネルギーを浄化するなど、多くの有効性が報告されています。

物質や生体にテラヘルツ波を照射した場合、瞬間的にエネルギーが発生します。そのエネルギーを定着する形で、布や鉱石、液体など、様々な物質にテラヘルツ波を照射することも可能です。

例えば、テラヘルツ波を照射した寝具やサポーターは、体がポカポカしてきたり、疲労回復が早まるとされています。

また、ペンダント、アクセサリーであれば、体質改善をサポートするようです。浄化に関しては、テラヘルツ派を放射するグッズをひとつ置くだけで、住まいや職場を聖地のような気で満たし、パワースポット化できると言われています。

テラヘルツ波ペンダント

このようなテラヘルツパワーを持つグッズやアイテムは、周囲にある様々な物質の価値を向上させるのです。何より、テラヘルツ波は光線のエネルギーであることから、製品化する際にコストがかかりません。

そのため、健康や美容、医療や食品加工、農業、省エネなど、幅広い分野で応用され、現在も、テラヘルツ波の持つ可能性が開かれつつあるのです。

テラヘルツ波エネルギーは、

テラヘルツ波を物質が吸収し、テラヘルツ放射体に変化すると、物質そのものの質が向上し、本来の性質や特徴が大きくなり、生命力が強くなってきます!

健康な身体は川の水の流れのようにサラサラした血流状態にあります。
健康な状態では病気の治癒力が高く、強い抵抗力があります。

不健康な状態では血流が滞りがちになり、抵抗力や治癒力が低下し身体の不調や病気の原因になります。テラヘルツ鉱石からは「テラヘルツ波」が放射されているといわれており、テラヘルツ波による分子を分解する力で身体の中を流れる血流に作用するといわれています。

是非、テラヘルツ波を生活に取り入れてみてください!

テラヘルツ活水器「匠」で快適生活をお約束します!

テラヘルツ活水器・匠

160,000円(税込価格:172,800円)
数量