Top / 塩素の無害化

塩素による肌・髪へのトラブルの無害化

水道水には、感染症を防ぐ目的で、細菌・雑菌などを滅菌する塩素剤が効力を残して残留塩素という形で含まれています。この消毒効果をもつ残留塩素は、私たちの体の細胞を酸化させてしまう作用もあります。

そのため、アトピーや敏感肌の方においては、入浴後に肌がヒリヒリしたり、ムズムズしたり、髪がパサつく!といった肌トラブルを引き起こしてしまう恐れがあります。

塩素の弊害

マイナスイオン=e-電子は、塩素の害を抑える働き!

塩素原子が安定塩素原子になる図式
塩素無害化図式

塩素原子(Cl:原子番号17)は、それぞれ17個の電子と陽子、18個の中性子でできています。電子は、あらゆる物質(固体、液体、気体)に含まれています。物質を構成する原子そのものが、陽子(+)と中性子からなる原子核と、それを取り巻く電子(-)でできています。

外力などによって、原子の電子が飛び出した場合、これが電気となります。
本来、陽子と電子は同数ですが、電子(-)が飛び出した原子は、電気的には陽子(+)が過剰になるので、プラス・イオンとなります。

逆に電子が飛び込んだ原子は、電気的には電子(-)が過剰になるので、マイナス・イオンとなります。

血液・体液中の塩素イオンCl-になり、安定した塩素イオンになります。

温水便座と塩素の問題・・・東海大学の調査で判明 2009年   

飲む以上にはるかに危険なのが、お尻のウォシュレット

温水洗浄便座の温水タンク内では細菌が繁殖しやすいことが、東海大学の松木秀明教授と片野秀樹研究員(公衆衛生学)らの調査で分かった。

「温水タンク内にためられた水は、塩素消毒された水道水。それが37度から38度に温められることで、塩素が蒸発し、菌が繁殖しやすい状況になります」
一部からは大腸菌群や感染症の原因となる緑膿(りょくのう)菌も見つかり、松木教授は「健康なら問題ないが、お尻などに病気のある人は注意が必要だ」と話している。

温水便座、塩素無害にするマイナスイオン水

2009年3月の内閣府消費動向調査によると、世帯普及率は69%に達している。研究グループは、神奈川県内の民家80ヵ所、公共施設28ヵ所で温水洗浄便座の局部洗浄水を採取した。

民家では水道の''水質基準の平均31倍、公共施設では10倍の一般細菌を検出。民家では4ヵ所から大腸菌群が見つかり、うち1ヵ所では緑膿菌も確認された。民家の汚染度が高いのは使用頻度が少なく、タンクの水があまり入れ替わらないためと考えられている。

ウォシュレットの使用により、僅かですが、肛門から直腸内に水が入り、直腸内の有機物と反応してニトロソアミンなどの発ガン性物質が生じ、腸の粘膜を刺激して、直腸がんや大腸がんの原因になります。

最近の温水便座には活性炭を内蔵して、塩素を除去する機能を持っているものがあります。これはメーカーがウォシュレットの普及率と大腸がんの発生率が平行線を辿っていることを知っているためでしょう。

水道水でお風呂に入ると

当然皮膚が塩素の害を受ける!

浴槽と塩素

温水は皮膚の孔を拡張するために、遊離塩素が皮膚に与える影響もその分大きくなります。

特にアトピーなど皮膚アレルギーの方は、塩素が皮膚の状態を悪化させるために、色々な療法を試してもなかなか改善しないことが多いのです。

浄水器は飲み水や調理に使用する水を作る分には使えますが、お風呂に使用するには無理があるため、やはり水道管の根元に直接取り付けて、塩素を不活性化する「匠」などの活水器の必要性があります。

揮発性の高い遊離塩素や、塩素と有機物が反応してできる発ガン性物質トリハロメタンはシャワーによる蒸気に混ざりやすく、蛇口から出るよりシャワーから出る方が、濃度が2~3倍高くなるのです。

シャワーと塩素

25℃以上の温度から浴びるシャワーはガス化して、蛇口から水道水を直接飲む量の数倍も口から皮膚から吸収してしまいます。女性の場合は、キューティクルが塩素によって傷つけられるため、髪が痛む原因になります。

アトピーをお持ちの場合は、お風呂を沸かすのが面倒だからとシャワー生活をしていては、より塩素刺激が増大することになります。

水道水に金魚を入れると死ぬ!

野菜を水道水で洗うと、ビタミンCが破壊されます。
芝生や庭木に水道水をかけ続けると、塩素枯れを起こしますから、ゴルフ場などでは芝生に水道水をそのまま撒くことはありません。

水道水と金魚・中和剤

塩素がエラの細胞を破壊するからです。

魚がエラ呼吸して得た酸素を運搬する役目のヘモグロビンと塩素が結合してしまい、呼吸障害を起こします。また、魚の体表部分の粘液にダメージを与えてしまい、病原菌などに対する抵抗力が薄れてしまう事があります。

プールと塩素の関係

<洗眼>プール後の水道水は逆効果!
    感染しやすく…慶大研究(毎日新聞)

プールと目

塩素消毒したプールで泳いだ後に水道水で目を洗うと、塩素で角膜が傷ついた目の表面の粘液が洗い流されてしまうことが、坪田一男・慶応大教授(眼科)らの研究で分かった。厚生労働省や文部科学省はプール後の洗眼を呼びかけているが、逆に細菌やウイルスに感染しやすい状況を作っているという。

米国の医学雑誌に発表した。

研究チームは、20~30代の男女10人の協力で実験。国のプールの水質基準に従って塩素消毒剤を溶かした生理食塩水▽水道水▽生理食塩水▽蒸留水――で50秒間目を洗ってもらった。

その結果、塩素消毒剤入りを使うと角膜上皮細胞が破壊される程度が他の3種類より激しく、目の表面の粘液を洗い流す作用も強かった。水道水も粘液を洗い流す作用は同程度だった。

厚労省は発熱や結膜炎などの症状が出るプール熱の感染拡大を防ぐため、プール利用者に洗眼を呼びかけるよう、都道府県などに求めている。文科省は体育教員への指導手引で、水泳後の洗眼指導を例示している。眼科医の間では、プール後の洗眼は問題視されていたが、根拠となる研究が少なかったという。

チームの加藤直子・慶大講師は「プールの中で目を開けるのならゴーグルをつけてほしい。そうでなければ、プール後の洗眼は避けるべきだ」と話している。【大場あい、下桐実雅子】[毎日新聞2月21日]

テラヘルツ活水器「匠」で快適生活をお約束します!

テラヘルツ活水器・匠

160,000円(税込価格:172,800円)
数量